結核症の基礎知識 改訂第4版:序文

日本結核病学会教育委員会


「結核症の基礎知識」第4版改訂にあたって


 日本結核病学会教育委員会は,1981 年「結核症の基礎知識」を作成し,1988 年「結核症の基礎知識」の改訂と「結核教育用スライド集」を作成し,1997 年「結核症の基礎知識」と「結核教育用スライド集」の改訂を行った。これらは,医学生に対する結核症の教育に資する教材を意図されて作成され,学会としてその提供に努めてきた。前改訂から時間が経過したこと,また,わが国の少子・高齢化,グローバル化など社会や結核医療をめぐる環境の変化,医学・医療の進歩を受け,第4 版改訂が計画された。前委員会の下で「結核症の基礎知識」について改訂作業が開始され,現委員会に引き継いで作業を進め,パブリックコメントを経て完成の運びとなった。本冊子は,これまでの結核症に関する歴史的医学知識についても備えておくべき知識が継承されるように留意されて作成されており,医学生の教育にたいへん有用であると考え,関係各位に広く利用いただければ幸いである。この改訂作業にご協力・ご尽力いただいた関係諸氏に深謝いたします。

2013年12月



日本結核病学会教育委員会


委員長 長谷川 好規     
前委員長 森下 宗彦     
委員 飯沼 由嗣, 田坂 定智, 田中 栄作, 中川 拓, 柳原 克紀
前委員 大崎 能伸, 棟方 充, 長尾 啓一, 四元 秀毅, 中島 由槻
  松岡 健, 川根 博司, 河野 茂, 藤村 政樹, 田口 修
  矢野 修一, 田代 隆良, 新美 岳   
特別委員 佐藤 秀明     
委員長推薦委員 佐藤 紘二, 坂谷 光則   
      (順不同)


ページの先頭へ

結核症の基礎知識 改訂第4版

  • Ⅰ. 結核症の発生病理PDF
     1. 結核菌
     2. 結核菌の感染と初感染原発巣
     3. 結核免疫、ツベルクリン・アレルギー
     4. 結核症の発症と進展
     5. 結核病巣の形態学的治癒過程
  • Ⅱ. 結核の診断PDF
     1. 病歴と症状
     2. 結核菌検査
     3. 免疫学的検査
     4. 画像診断
     5. 内視鏡検査と生検
     6. 呼吸機能検査
     7. 鑑別診断
  • Ⅲ. 結核の治療PDF
     1. 化学療法
     2. 外科療法
     3. 入院および退院の基準
     4. 後遺症
     5. 結核死亡の現状
  • Ⅳ. 全身の結核PDF
     1. 肺門リンパ節結核
     2. 頸部リンパ節結核
     3. 胸膜炎
     4. 結核性膿胸
     5. 喉頭結核,咽頭結核,気管・気管支結核
     6. 粟粒結核
     7. 結核性髄膜炎
     8. 骨・関節結核
     9. 腎・膀胱結核(尿路結核)
     10. 性器結核
     11. 腸結核
     12. その他の肺外結核
  • Ⅴ. HIV 関連結核PDF
     1. 合併頻度
     2. 発症
     3. 治療
     4. 副作用
     5. 予防投薬
  • Ⅵ. 結核の管理PDF
     1. 結核蔓延状況の推移
     2. 結核対策
     3. 感染症法
     4. 結核サーベイランス
  • Ⅶ. 非結核性抗酸菌症PDF
     1. 疫学
     2. 菌種の同定
     3. 診断
     4. 病態と治療
  • 目次PDF

ページの先頭へ

学会員専用(ログイン)

リンク
  • INFORMATION
  • 新しい結核用語辞典
  • 結核症の基礎知識
  • 結核診療ガイドライン
  • 関連機関 INFORMATION
  • 会告(PDF)
  • 結核・抗酸菌症認定医・指導医認定制度
  • 抗酸菌症エキスパート制度
ページの先頭へ